2017.05.30 Tuesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.05.08 Monday

    映画『不思議惑星キン・ザ・ザ』(1986)感想〜ハリウッド映画とはひと味違うよ。

    0

      (あらすじ)

       

      たまたまの通りすがり、

      建築技師のマシコフと、グルジア人学生のゲデバンは、

      冬だというのに裸足でいる妙な男に、

      「この星のナンバー(No.)」を聞かれた。


      唐突にわからない事を聞かれて困ってしまったマシコフは、

      つい、

      男の手に乗っている装置を触ってしまった!

      直後、

      マシコフとゲデバンの二人は砂漠の真っただ中…
      砂漠にいる二人を、

      客と思った芸人の不思議な乗り物に二人は無理やり同乗。
      そこで二人が知った事は、

      この星は【キン・ザ・ザ星雲のプリュク星】


      わけのわからない階級に支配されている世界。


      <エツィロップ>というのが権力者で、

      <チャトル人>に<パッツ人>という階層があるらしい。

      それも、

      特に人種と関係なく、機械に反応する色で決まるというもの。

       


      マシコフとゲデバンは、パッツ人だと判断され、

      パッツ人は必ず付けなければならないらしい

      <ツァーク>という鼻鈴を強要される。

      それにしても、不思議な世界。

       


      マシコフのポケットに入っていたマッチ<カツェ>が

      非常に高価な世界で、

      それを持っているとステテコがもらえるという。


      赤いステテコや黄色いステテコをはいた人がえらいなど、

      居ればいるほど、よくわからない変な社会。
      (でも、赤いステテコは、マッチ棒2本くらいで買えるらしい…)

      そして言語。


      ロシア語やグルジア語を操れるのに、

      罵る言葉が「キュー!」

      それ以外の言葉が「クー」の二種類。


      体を使った独特な挨拶まで、

      何も知らない二人は仕込まれる。


      マシコフが高価な(?)マッチをちらつかせ、

      二人は元いた世界に戻る手がかりを探すが、

      なかなかうまくは事が進まない。

      さてさて、

      二人は元の世界に戻る事が出来るのか?

       

      続きを読む >>
      2017.05.06 Saturday

      映画『WILD HOGS/団塊ボーイズ』(2007)感想〜イージーライダーはオヤジの憧れ

      0

        (あらすじ)

         

        アメリカの閑静な住宅街に暮らす、

        ごくごく普通の中年男たち4人組。


        彼らの共通の趣味であり、唯一の楽しみは

        週末に揃いの【WILD HOGS】革ジャンを着て、

        愛車のハーレーにまたがって、ツーリングすること。


        ウディ(ジョン・トラボルタ)は、モデルの妻と離婚し、

        破産宣告を受けて全財産を失ってしまう。


        歯科医のダグ(ティム・アレン)は、

        メタボリックな体型のため、味気ない日々を送っている。


        ベストセラーを書いて印税生活を夢見るボビー(マーティン・ローレンス)は、

        執筆に1年間の猶予を妻にもらったものの、

        そろそろ期限切れ。


        パソコンおたくのダドリー(ウィリアム・H・メイシー)は

        ドジな性格が災いしてか、

        いつまでたってもパッとしない。


        一週間位すべての事を忘れて西海岸へツーリングしよう!


        煮詰まったウディが提案した。


        現在の生活をなかなか変えられなくなっている面々だったが、

        それぞれが一念発起。


        イージーライダーな旅が始まった!


         

        続きを読む >>
        2017.05.02 Tuesday

        映画『鉄塔 武蔵野線』(1997)感想〜小学6年生、夏休みの冒険映画

        0

          (あらすじ)

           

          東京都保谷市(現在は、西東京市)に住む小学6年生のミハル(伊藤淳史)。
          夏休みもすでに後半になっていた。


          どういう事情か、

          ミハルの父と母は9月より別々に暮らす事が決まり、

          ミハルは母(麻生祐未)の実家の長崎に引っ越す事になっていた…
          実は、このことは親友アキラ(内山眞人)にも言っていない。

          ミハルは、幼い頃に父とよく送電線の下で遊んだ記憶があった。
          鉄塔の下にいると、

          不思議と電気のパワーをもらえるような気がして、

          ミハルは鉄塔が好きだった。


          ふと、鉄塔を下から見上げると、

          そこに“武蔵野線71”と番号が書いてある事に初めて気が付いた…


          そして、隣の鉄塔は70番。
          そのまた隣は69番と、番号は一つずつ減っていくのだ。

          そして、ミハルとアキラは、

          武蔵野送電線の1番鉄塔を目指して冒険に出かける。
          果たして二人は1番鉄塔にたどり着く事ができるのだろうか?


           

          続きを読む >>
          Calendar
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          << September 2017 >>
          PR
          「月のひつじ」

          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Recommend
          Recommend
          Profile
          Search this site.
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM