2017.05.07 Sunday

映画『月のひつじ』(2000)感想〜実録 宇宙開発系映画!

0

    (あらすじ)

     

    1969年7月、

    アポロ11号が人類初の月面歩行を成功させました。
    その偉業の中継に選ばれたのはオーストラリアの田舎町、

    パークスにあるパラボラアンテナです。


    規模が大きいというだけで選ばれたそのアンテナは

    どのくらい巨大かというと、サッカー場並みの広さ

    そしてその重量は、1000トンもあるのです!
    それも、羊の放牧場のど真ん中に…

    アポロ11号の生中継が決定され

    このオーストラリアの片田舎にNASAから技術者のアル(パトリック・ウォーバートン)がやってきました。
    このアンテナを誘致した町長は、この土地を訪問する大物達相手に右往左往。


    アンテナの所長のクリフ(サム・ニール)はスタッフと共に最善を尽くしますが、

    人間関係といい、機器の不調といい、

    …予期せぬトラブルというのは大抵そういう時に起こるものだったりするのです。


    彼等はトラブルを克服して

    無事、大役を果たすことができるのでしょうか?

     

    続きを読む >>
    2017.05.05 Friday

    映画『落下の王国 - The Fall -』(2006)感想〜ひたすら美しい映像美

    0

      (あらすじ)

       

      1900年代の始め、ちょっと昔のロサンゼルス。
      ある病院に5歳の少女

      アレクサンドリア(カティンカ・ウンタール)が入院していました。


      オレンジの収穫を手伝っている時、

      木から落下して左腕を骨折したのです。


      彼女はギブスで固められた左腕でも病院の中を動き回っています。

      大切にしている宝物の箱を持って。


      ある日、病院の2階からアレクサンドリアが外を覗くと、

      仲の良い看護士エヴリン(ジャスティン・ワデル)が下を歩いているのを見かけたので、

      手紙を下に落としました。


      ところが。

      その手紙は下の階の病室へ舞い落ちたのです。

      そこにいたのは、

      映画のスタントをしていて怪我をして、

      動けなくなってしまったロイ・ウォーカー(リー・ペイス)でした。


      ロイはアレクサンドリアの気を引こうと、

      彼女に物語を聞かせます。


      それは、

      6人の勇者が世界を駆け巡り、

      悪人に復讐を遂げる悪に立ち向かう【叙事詩】でした。

      続きを読む >>
      Calendar
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      PR
      「月のひつじ」

      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recommend
      Recommend
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM