<< 映画『落下の王国 - The Fall -』(2006)感想〜ひたすら美しい映像美 | main | 映画『月のひつじ』(2000)感想〜実録 宇宙開発系映画! >>
2017.05.30 Tuesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.05.06 Saturday

    映画『WILD HOGS/団塊ボーイズ』(2007)感想〜イージーライダーはオヤジの憧れ

    0

      (あらすじ)

       

      アメリカの閑静な住宅街に暮らす、

      ごくごく普通の中年男たち4人組。


      彼らの共通の趣味であり、唯一の楽しみは

      週末に揃いの【WILD HOGS】革ジャンを着て、

      愛車のハーレーにまたがって、ツーリングすること。


      ウディ(ジョン・トラボルタ)は、モデルの妻と離婚し、

      破産宣告を受けて全財産を失ってしまう。


      歯科医のダグ(ティム・アレン)は、

      メタボリックな体型のため、味気ない日々を送っている。


      ベストセラーを書いて印税生活を夢見るボビー(マーティン・ローレンス)は、

      執筆に1年間の猶予を妻にもらったものの、

      そろそろ期限切れ。


      パソコンおたくのダドリー(ウィリアム・H・メイシー)は

      ドジな性格が災いしてか、

      いつまでたってもパッとしない。


      一週間位すべての事を忘れて西海岸へツーリングしよう!


      煮詰まったウディが提案した。


      現在の生活をなかなか変えられなくなっている面々だったが、

      それぞれが一念発起。


      イージーライダーな旅が始まった!


       

       

       

      見る 原題は「WILD HOGS」このオヤジ達のチーム名です。


      “団塊”を名乗るに世代ではないのですが、

      邦題をつけた方は、

      中年=団塊という単純な考えだったのでしょう 汗

      ときめき 現実のしがらみから逃れる

      オヤジ達のロードムービーコメディ。


      全員それぞれに可笑しいのですが、

      一番いい味出していたのは、

      小動物顔のウィリアム・H・メイシー演じたダドリー

       ぴかぴかとにかく美味し過ぎる役です ぴかぴか
      彼のメガネ、欲しいかも ラブ

       


      楽しい バイクで風を切って広大なアメリカを走る爽快感 るんるん

       

      kinakoも昔、ロスからリノ、ヨセミテ国立公園を回ってサンフランシスコへ抜ける

      バイクツーリングをした事があります。
      長い間走ると、お尻は痛くなるし、いきなり寒くなったりするけれど、

      楽しかったなぁ〜

      男 そんなこんなで楽しかった記憶を呼び起こしつつ、

      全編笑わせてくれた本作。
      結構お気に入りです かわいい

       

       

      2017.05.30 Tuesday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        「月のひつじ」

        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recommend
        Recommend
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM